たっぷリッチの評判は良い?口コミ評判を調査します!

たっぷリッチの評判は良い?口コミ評判を調査します!

特商法はどのような役割があるのか?

time 2021/09/06

販売者と消費者との信頼を強化する

最近ではインターネットの普及とともに通販サイトやネットショップなど電子商取引が中心になり、消費者トラブルが起きやすいことでも問題になっています。
消費者庁はこのようなトラブルを防ぐためにガイドラインを設定し、販売者と消費者が安心して取引が行えるようにしていることが特徴です。

販売者側はより多くの消費者を増やせるようにしたいものですが、相手に嘘をつけば悪評が流されてチャンスを失うことになります。一方の消費者側は注文通りの商品を受け取れるようにしたいもので、安心して利用できる店やサービスを選ぶ傾向が強いです。

このため、お互いの要望に応えるように定められガイドラインが特商法になり、内容を理解して違反をしないよう責任を持って取引を行う必要があります。

どのような取引に対して定めているのか?

特商法は以下のような取引が対象になり、訪問販売、通信販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引、訪問購入があります。これらの取引を行うときは特商法のルールを確かめ、違反をすると相手に迷惑をかけ信用を失うことになるため注意が必要です。

最近ではネット以外の取引も詐欺が発生しやすく、特に高齢者を狙ったケースが目立っています。訪問販売は高齢化に伴って詐欺が増えやすくなり、ネットが使えなくてもビラなどで誇大広告を表示して誘惑するケースが多いです。

電話勧誘販売は甘い言葉を並べて商談の成立を急かしてくるケースも多く、問い合わせてから冷静に判断するようにしないと後悔をすることになります。連鎖販売取引は親しい人を使ってくるため注意が必要で、怪しいと判断すればすぐに調査をすることが大事です。

禁止されている内容を理解しよう

特商法は名前や住所、連絡先を明記し、誇大広告や虚偽の情報を伝えずに公平な取引を行うように定めています。商取引をするときはお互いに信頼される必要があり、特商法を理解していれば信用を強化しやすいです。

禁止されている内容は誇大広告や虚偽の情報を伝えるなど相手に不利益を与える行為で、すればそれだけで信用を失うことになります。

また、ネット上で口コミや評判が流され利用者を減らすことになり、自分で自分の首を絞める行為になるため逆効果です。通販サイトやせどり、転売ビジネス、ネットショップなどの電子商取引だけでなく、訪問販売や電話勧誘販売をするときにも特商法が適用されます。

このため、特商法は相手のことを考えて取引を行うために必要不可欠で、内容をきちんと把握して責任を持ってすることが大事です。